ストレピアはアトピー肌でも使える?

年齢とともに肌の機能が衰えてくることは周知のことです。

だからといって諦めたくないというのは、男女ともに共通の想いですよね。

そこで今、年齢肌の改善に効果があると多くの女性誌でも話題となっている「ストレピア」。

今回は、年齢肌の原因とともにストレピアの効果と、アトピー肌でも使えるのかどうかを見ていきたいと思います。

年齢肌、その悩みにはシミ、シワ、たるみ、くすみ、毛穴の開きなどさまざまなものが挙げられます。

その原因は肌内部にある成分が加齢とともに減少してしまうことや、ストレス、環境因子などがあります。

お肌のピークは20歳頃といわれ、以降コラーゲンやエラスチンといった肌の水分やハリを保つ力の衰えや、血行不良による肌の再生・修復力の減少が生じてしまいます。

肌に本来備わっていたこれらの機能が低下すると、肌は外部刺激を跳ね返す力が弱まり、外的刺激に弱く、慢性的に炎症や皮膚トラブルをかかえるようになってしまい悪循環を招いてしまいます。

そこで大切なことは、敏感になったお肌に優しいケアとエイジング肌への有効成分をお肌に与えてあげることです。

ストレピアは、酵母と樹液がもつ、お肌に水分を蓄えて、美しくする作用に着目したクレンジングとゲルローションです。

酵母はかつてから杜氏の肌がきれいなことから着目されており、栄養素を限界までためこむ力強さがお肌へも働き、守って強くしてくれます。

樹液は寒い冬を乗り越え、春の雪解けのみに採れるエキスです。

長生きする木の強さから出てくるエキスには、お肌の炎症を抑えたり、抗菌作用、お肌の免疫力を高めてくれる作用があります。

肌機能の回復とエイジングケア、2つの効果をもつストレピアですが、アトピー肌でも使うことができるのでしょうか。

アトピー肌は、外部刺激や食べ物、ストレスなどが引き金となり、自律神経が乱れ抗体によってかゆみを引き起こしてしまいます。

症状は加齢によって治まってくるといわれていますが、近年ではストレス社会や、添加物などさまざまなアレルゲンが原因となり、40代以降での発症もみられます。

アトピー肌は添加物やお肌へ刺激となるような成分に敏感に反応し、お肌の状態を悪化させてしまいますので、使用する製品には細心の注意が必要です。

かくいう筆者もアトピーには長年悩んでいますので、かゆみやピリピリとした刺激はとてもよくわかります。

ストレピアは、そんな肌トラブルの原因となるパラベンや、合成着色料、香料、石油系界面活性剤、アルコール、石油系油脂、鉱物油をいっさい使用していません。

さらに、精製水も使わず、海洋ミネラル水を使用するなどの徹底ぶりです。

肌への刺激や負担が、肌を悪化させ、エイジングやアトピーの原因を引き起こすことをふまえた製品コンセプトなので、含まれている成分は安心できるものといえます。
ストレピアの口コミ!敏感肌と年齢肌を同時にケアは本当?
お肌の状態の悪化は、心の健康にもかかわってきます。

優しい成分と酵母と樹液。

このシンプルかつ力強いストレピアで、あなたも本当のエイジングケアをしてみてはいかがでしょうか。

公式サイト↓


us