ラメラエッセンスCはアトピー肌でも使える?

現代女性に急増しているアトピー性皮膚炎。

私自身も生まれつきアトピー性皮膚炎を持っていることから、今まで様々な化粧品を試してきました。

アトピー性皮膚炎は肌のバリア機能が正常に形成されていない方に多く現れる皮膚疾患となっており、外部からの刺激に強いダメージを受けてしまうため、特に季節の変わり目などは注意が必要です。

私たちの肌はスポンジのような層状になっていて、大きく分けると表皮と真皮に分けられます。

肌の表面に近いのが表皮ですが、表皮には角質層が存在していて、角質層の中の仕組みを見てみると水分と油分がミルフィーユのように重なり合ったラメラ構造になっています。
このラメラ構造が通常では外的刺激から守ってくれる役割を担っていますが、年齢を重ねることによりラメラ構造が乱れた状態になってしまったり、さらにアトピー性皮膚炎を持っている方はもともとラメラ構造が乱れやすい状態となっています。

アトピーには保湿ケアと、昔から言われていますが、確かに保湿成分で肌表面を保護して刺激から守る事はとても大切です。

しかし、これだけでは美肌に導くことが難しいため、角質層そのものを向上させ内側から肌状態を美しく整えることにより、あらゆる肌トラブルの予防を行うことができるのです。

そんな角質層に存在するラメラ構造に着目して開発されているのが、ラメラエッセンスCです。

ラメラエッセンスCは、角質層まで浸透させる技術を確立して作られた世界初のフェース生コラーゲンを採用しています。

生コラーゲンを巻き付けた柔らかなナノカプセルが角質層に吸い込まれるように浸透し、しっとりとしたうるおいのあるぷるぷるの肌へと整えてくれるので、肌が乾燥状態に陥りやすくトラブルに悩まされやすいアトピー性皮膚炎の方にも最適な構造となっています。

一般的な化粧品の多くは加水分解コラーゲンを採用していますが、加水分解コラーゲンとは比較にならない生コラーゲンの保水力はなんと600倍とも言われています。

さらに、もともと私たちの肌は角質層内に異物を浸透させないように作られているため、一般的な化粧品では肌の内部まで浸透することなく表面に留まるだけで終わってしまいますが、肌の内側に浸透してしっかりと水分や油分を整えてくれるラメラエッセンスCは、インナードライが気になっている方にもオススメです。
ラメラエッセンスCの口コミ効果!他との違いは?

もちろん生コラーゲンだけではなく、ヒアルロン酸やエラスチンといった美容成分も配合し、さらにコラーゲンの生成を手助けするビタミンC配糖体も配合されています。

※ビタミンC配糖体とは、空気に触れることにより壊れやすいビタミンCの特性を改善させるため、ビタミンCに糖をつけることで安定化させた成分です。

もちろんアトピー性皮膚炎の方が炎症を引き起こすきっかけとなる余分な添加物は一切配合されていないため、敏感肌の方でも安心して使える作りとなっています。

アトピー肌でお悩みの方も、ぜひお試しください。

公式サイト↓

us