夏のアトピーケア対策で要注意の3つは?

アトピーの症状が悪化するのは冬だけではありません。

乾燥する冬場が悪化しがちですが、実は夏も要注意の季節です。

夏はアトピーにとって対策するべきことが3つあります。

1つは、紫外線対策、1つは、冷房対策、1つは汗対策です。

1つずつ詳しくみていきましょう。

まず紫外線対策についてです。

紫外線を浴びると、肌は荒れてバリア機能が弱くなります。

紫外線対策として、日傘や帽子、衣類もUVカットのものを選ぶなどするとよいですね。

また室内でも日焼けするので、カーテンは窓からの直射日光を防ぐものにすることで、紫外線対策と同時に部屋の温度も下げる効果があります。

日焼け止めクリームを塗る場合、無添加のもので肌に刺激が少ないものを使うようにしましょう。

普通の市販のものを使うと、アトピーが悪化することもあるので、注意が必要です。

次に、冷房対策についてです。

冷房が強いと湿度が下がるので皮膚は乾燥しアトピーが悪化します。

冬も乾燥するのでアトピーが悪化するのと同じ環境を冷房で作ってしまうことになります。

自宅では冷房を強くしないようにし、外出先では長袖などを着て調整しましょう。

また外との温度差が激しいことで、冷房が強い室内から暑い外に出たときに汗が吹き出しアトピーが悪化します。

それを防ぐためにも冷房が強い室内で過ごすときは皮膚表面が乾燥しないように、長袖を着るなどの工夫が必要です。

自宅など自分で調整できる場合、外との温度差は5度以内くらいが良いと言われています。

熱中症にならない範囲で調整してくださいね。

また冷房だけでなく、扇風機を使うと冷やし過ぎずいいですよ。

最後に最も大切なこと、汗対策についてです。

汗をかいたら、濡らしたタオルなどでこまめに拭きましょう。

乾いたタオルを使う場合は、優しくそっとおさえるように汗をふいてください。

ごしごし拭くと刺激が強く、あゆみが悪化します。

またアトピーとは関係ありませんが、汗をかくと体は水分不足になるので、こまめに水分補給をして熱中症にならないように気を付けてください。

目安として、1日1.5リットル以上のミネラルウォーターやノンカフェインのお茶などで補給しましょう。

アトピーを悪化させない汗対策として、汗を拭くことも大切ですが、可能でしたら汗をかいたら早めにシャワーを浴びると良いですね。

シャワー時、石鹸は無添加のものをしっかり泡立てて優しく洗ってください。

ベビーパウダーは、悪化しやすくなるのでつけない方がいいです。

シャワー後は、しっかり保湿をしてください。

スキンケア商品は無添加のものを使い、夏場の場合クリームなどの塗り過ぎは注意してください。

アトピー対策としてできることは他にもあります。

食事は、暑い夏でも冷たすぎるものは体を冷やすのでよくありませんし、甘すぎるものや油脂が多いものも控えめにしましょう。

これらの紹介したことを実践しても、なかなかアトピーが改善されない場合に、お肌の保湿とアトピーのかゆみを解消してくれる「みんなの肌潤糖」という保湿スキンケアを使われてみてはいかがでしょうか。
みんなの肌潤糖がアトピーに効果がある理由
みんなの肌潤糖を使ってアトピーを改善された方は多くいます。

食事や肌を清潔に保つことなどが基本ですが、それだけでは改善されない場合、みんなの肌潤糖をオススメします。
公式サイト→『みんなの肌潤糖』

hadajyuntouyoukiaxis

u