みんなの肌潤糖と普通の砂糖はどこが違うの?

保湿効果が高く、アトピーなどの痒み改善にも効果が高いと人気の「みんなの肌潤糖(アトケアタイプ」の主成分は、てんさい糖(ビート糖)という砂糖の仲間です。

砂糖が保湿をしてくれて、アトピーの痒みも改善してくれるのなら、うちのある砂糖を肌に塗れば改善されるのかも!と思う方もいるかもしれませんね。

私も、自宅の砂糖を使って何かケアできるのかな?と少し本気で考えました。

しかし、普通の砂糖を皮膚に塗っても、保湿はできませんし、痒くなります。

皮膚には吸収されませんし、ベタベタするので、塗らない方が良いです。

しかし、みんなの肌潤糖を肌に塗ると、吸収され保湿効果と痒みの改善効果を実感できると思います。

表面の油分をサッと洗い流すことで、ベタつきも残りませんし、しっとり美肌になれます。

砂糖が主な成分なのに、砂糖を塗っても肌にとって良いことはないのに、みんなの肌潤糖だと高い効果を発揮する、その違いって一体どこが違うのでしょう?

白い砂糖と、てんさい糖の違い?

いえ違います。

我が家は、白砂糖は使っておらず、てんさい糖を料理に使いますが、てんさい糖なら肌に塗って良いのかと言うと、そうではありません。

みんなの肌潤糖の主成分であるてんさい糖は、普通のてんさい糖ではないのです。

刺激を少ないように角を丸く加工して、更に皮膚に吸収されやすく周りを特殊コーティングしてあるのです。

ですから、吸収されやすいですし、保湿効果も発揮してくれます。

しかも、みんなの肌潤糖が皮膚に吸収されると、皮膚のバリア機能が修復されるので、アトピーなどアレルゲンや、ばい菌、紫外線など、皮膚にとって悪いものが入りにくく健康な肌へと自然治癒が働きやすくなります。

著者の子供はアトピーがあります。

著者はアトピーではないです。

仮に、同じくらいの、あかぎれになったとして著者は特に何もしなくてもキレイに治りますが、子供は、あかぎれがどんどん悪化して自然治癒はできない場合があります。

市販の軟膏では治らず、皮膚科で薬を処方してもらい何日間も塗り続けて、やっと改善していくのです。

肌のバリア機能を高めることが必要な皮膚というわけですよね。

みんなの肌潤糖で、しっかり保湿して、かゆみも改善し、バリア機能も修復できると、元気な皮膚になれるのですから、すごいですよね!

また、みんなの肌潤糖は、100%無添加の自然素材からできているので、もし間違って舐めてしまっても大丈夫です。
みんなの肌潤糖がアトピーに効果がある理由

乾燥肌やアトピーの保湿や痒み改善に、安心安全の「みんなの肌潤糖」でケアを始めませんか。

全身に使えますし、子供も大人も家族みんなで使えるので、一家に1つあると便利ですね。
公式サイト↓
『みんなの肌潤糖』

hadajyuntouyoukiaxis

us