クレアルはアトピー肌も保湿ケアする?

−クレアル化粧水はアトピーでも保湿してくれる?−

あなたは、クレアル(CREAL)というものを知っていますか?

オールインワンゲルの化粧水で、無添加成分にこだわって作られているので色々な肌質を持った人に合うことで評判の商品です。

今回は、クレアルがアトピーの肌でもしっかり保湿してくれるのか?

クレアルに配合されている成分について詳しく触れながら考えていきましょう。

結論から言うと、クレアルはアトピーのお肌でもしっかり保湿してくれます。

今回は配合されている成分のうち、フィトスフィンゴシンとフラーレンという2つの成分を取り上げます。

まずフィトスフィンゴシンですが、これはセラミドを構成する“スフィンゴ塩基”という物質でで、角質層中に遊離した状態で存在している物質です。

このフィトスフィンゴシンが構成しているセラミドですが、セラミドは肌の角質層にあり、肌のバリア機能を支えている物質です。

アトピーの肌は元々このセラミドを生成する力が弱いため、バリア機能が失われていて乾燥肌になりやすいのです。

そのため、フィトスフィンゴシンをお肌に取り入れることでセラミドを補うことができ、肌のバリア機能を補修し、お肌に潤いを与えることができます。

またフィトスフィンゴシンには消炎・抗酸化・抗菌作用もあることが期待されているので、アトピーによる炎症を抑えることや、痒みの原因と一因である、皮膚の常在菌である黄色ブドウ球菌の過剰な増加を殺菌により抑えることが期待できます。

次にフラーレンですが、フラーレンとはサッカーボールのような形状をしている成分で、活性酸素を吸収してくれる働きを持っています。

活性酸素はアトピーの主な原因とも言われており、活性酸素が増える事によってアトピーはひどくなります。

さらに、アトピーで炎症が起こるとそれに反応して活性酸素がさらに増えるという連鎖発生の関係にもあります。

フラーレンには、この悪循環を防ぐことが期待できるのです。

—まとめ−

クレアルに含まれている成分の中で、フィトスフィンゴシンはセラミドを補うことで肌のバリア機能を高め、同時に肌の保湿をしてくれます。

また抗菌作用も持つため、痒みの原因とされる黄色ブドウ吸球菌を殺菌し、痒みを抑えることも期待できます。

また、フラーレンはアトピーの原因の中で主とされる活性酸素を吸収、無害化する働きを持つため、アトピー症状が続いてしまう悪循環を止めることが期待できます。

つまり、クレアルはアトピー肌も保湿することができ、アトピー症状を軽減することが期待できる化粧水なのです。

あなたも、アトピーやそれに伴う乾燥肌に悩まされていたら、是非クレアルをお使いになってみてはいかがでしょうか?

口コミもチェックしてみてください。
クレアルの口コミと大人ニキビケアは本当?

uG