顔アトピーはマッサージケアでよくなる可能性は?

あなたは、マッサージでアトピーが良くなるという話を聞いたことがありますか?

この話は筆者も初めて聞く話だったのですが、どうやら実際にマッサージによってアトピーが改善した例が存在するのです。

しかし本当にマッサージでアトピーが改善するのか?

アトピーは、様々なアレルギーと痒み、異常な皮膚代謝を起こすお肌の特異体質でありますが、その症状がマッサージによってどういう変化を起こし、回復に向かうのでしょうか?

今回は、マッサージによってアトピーが回復することはあるのか、また回復するならどんな要素が回復をもたらしたのか、考えていきます。

−マッサージと言えば−

まず、あなたはマッサージと聞いて何を思い浮かべますか?

基本的な身体の痛みやむくみなどではないかと勝手に筆者は考えていますが、今回アトピーに作用する可能性があると考えられたマッサージは、“リンパマッサージ”です。

リンパマッサージとは、哺乳類の免疫器官であるリンパ腺の中を循環しているリンパ液の流れの滞りを改善して、様々な健康効果を得ようとするマッサージです。

今日、リンパマッサージによる健康法がとても人気だそうです。
リンパマッサージによって体調が良くなった、ダイエットが成功した、お肌の調子がよくなった、などの効果を経験する人がいらっしゃるそうです。

そして、そのリンパマッサージによってアトピーが改善したという人もいるというのが、今回の話の元です。

これはどういったことなのでしょうか?

そこで私は、リンパというものを詳しく調べてみれば、皮膚へのなんらかの関与が分かり、そこからアトピーに対しての推察ができるのではないかと考えました。

まず、そもそもリンパ腺とはどういったものなのか?

人間の体の中には、血管のように全身に張り巡らされているリンパ管というものがあり、その中をリンパ液が流れています。

リンパ腺は、ウイルスや細菌を撃退するリンパ球を貯める機能、そして流れてきたリンパ液をろ過し、老廃物を取り除く機能の2つを持っています。

リンパ腺が腫れることによって、どんな病気にかかっている疑いがあるかというのも分かります。

このリンパ腺、どんな状態にあるか、今どういう働きをしているかによっては皮膚にも影響を与えるものだそうです。

例えばリンパ腺の中を通るリンパ液の流れが滞った場合、乾燥やむくみ、吹き出物などが発生するそうなのです。

これを見ると、肌に与える影響はかなり大きいものだと言えるでしょう。

特に吹き出物に関してですが、これはリンパ腺が顔じゅうに張り巡らされているため、このような事態が起きるのだとか。

こうした影響をもたらすリンパの働きは、アトピーとの関係も大きいのではないかと考えられます。

−リンパは免疫機構である−

前で説明したように、外部から体内に侵入してきたウイルスを除去する働きや、体内の老廃物を取り除く働きがあると述べました。

以上のことから、リンパは体を外敵から守るための防衛システムを司っていると言えます。

つまりリンパは免疫機構なのではないでしょうか?

実際にリンパ節は「免疫系に属する二次リンパ器官である」と述べられています。

よってリンパが免疫に関係がある器官だということが分かりました。

そしてアトピーですが、これは皮膚の痒みやアレルギー反応を伴う特異体質です。

皮膚の痒みやアレルギーには、ヒスタミンの発生や皮膚に存在する常在菌の異常な増加による痒みの他に、免疫異常というのがあります。

これは、体外から侵入してきた物質に対して、体の免疫機能が異常に働いてしまうことによってアレルギーを引き起こしてしまいます。

体に全く害を成さないもの、身近なもので言えば「食物」、あまり知られていないものに「紫外線」があります。

これらに対して免疫機能として作られる抗体、アトピーで言えば「IgE抗体」という物質が作られすぎてしまうことがアトピー症状の発生につながっています。

この免疫異常を抑えるために用いられるのが、アトピーを持っている方なら必ず聞いたことがある「ステロイド」です。

このステロイド、免疫異常を抑えてくれるのは良いですが、使用している間免疫機能は低下しているため、外部からの影響を受けやすくなってしまいます。

ではどうすればよいのか?

そこで、リンパ腺の働きを高めてあげることで改善させることが期待できるというわけです。

そのため、リンパマッサージはアトピーに対して効果があると言われたのではないかと筆者は考えました。

しかし、これは決して間違ったことではないでしょう。

しかし、単に免疫器官の働きを高めてあげることだけでなく、それに伴ってステロイドの量を減らす方向で調節していくことが重要だと思われます。

ステロイドは免疫機能を弱体化させ、長期間使用すると使用を止めた時のリバウンドが大きいものになってしまいます。

そのため、免疫機能を高めつつステロイド使用を少しずつ減らして調節していかねばなりません。

免疫機能を元であるリンパの働きを常に正常に保つこと、ステロイドによる免疫力低下を補うことが、必要不可欠であると言えるでしょう。

◆マッサージするときには、保湿ボディクリームも使うとスムーズです。

アトピーでも安心できる保湿ボディクリームは、「アトピスマイル」です。

マッサージなしでも使えて潤います。

アトピスマイル、使ってみてくださいね。

アトピスマイルがアトピーに効果がある理由

r