春で悪化したアトピー!予防や対策を教えて

春はアトピー性皮膚炎の方にとって、とても辛い時期です。

実は私自身もアトピー性皮膚炎ですが、冬よりも春の方が症状悪化しやすい傾向にあります。

通常、アトピー性皮膚炎は皮膚が乾燥状態に陥ることにより症状を悪化させてしまうため、より空気が乾燥している冬が1番症状を悪化させると思われがちです。

しかし実際には、冬よりも春にアトピー症状で悩む方が急増するため、今の時期は皮膚科などを受診してもとても混んでいるイメージがあります。

なぜ春になるとアトピー性皮膚炎が悪化するのか。

その理由は、気温の寒暖差
そして花粉などのアレルギー物質にありました。

春は気温がとても不安定なため、上着がいらないほど暖かい日もあれば、冬のコートが必要になるほど肌寒い日もあります。

人間の体は一定の気温には強く、体が慣れていくことができますが、不安定な寒暖差には非常に弱いため、体調を崩しやすくなります。

体調を崩しやすくなるという事は、体が弱っている証でもあるため、このような時にアトピー性皮膚炎の症状は悪化してしまう傾向があるのです。

さらに春といえばアトピーよりも花粉症のイメージが強いと思いますが、花粉症の原因でもあるスギ花粉などのアレルゲンは、アトピー性皮膚炎の症状の悪化にもつながるといわれています。

そのため、1年の中でも春は1番アトピー性皮膚炎の症状が悪化しやすい時期だと言っても過言では無いかもしれません。

そこで、気になる春のアトピー対策にぜひお勧めしたいアイテムが、アトピスマイルです。

アトピスマイルは、報道ステーションでも特集されたことのある赤ちゃんから敏感肌の方まで使うことが可能な、大注目のボディークリームとなっています。

なぜ、報道番組の特集でも紹介されたことがあるのか。
その理由は、配合されている成分にありました。

アトピスマイルの成分となっているのが、厚生労働省が認めた水分保持機能の改善に効果があるとされているライスパワーエキスNo11です。

この成分は医薬部外品となっており、日本で初めて改善できる薬用化粧品の成分として、医薬部外品の承認を受けたお米由来の保湿成分となっています。

アトピー性皮膚炎は肌の表面を保湿していれば症状を緩和することができると思われがちですが、肌の表面だけ保護しても、内側が乾燥状態に陥り炎症をひき起こしやすい状態になっていては意味がありません。

そのため、アトピスマイルに配合されている肌内部の水分保持機能を改善することができるライスパワーエキスNo 11を取り入れることにより、春に悪化しやすいアトピー性皮膚炎の予防をしっかりと行うことが可能です。

肌表面が乾燥してカサカサとかゆい。
インナードライが気になる。
春になるとアトピー症状が悪化してしまう。

このように考えている全ての方に、アトピスマイルは有効です。

アトピスマイルは初めて発売されたのが2002年となっているため、リピーター率が非常に高いロングセラー商品となっています。

ぜひお困りの方は取り入れてみてくださいね。

アトピスマイルがアトピーに効果がある理由

u