ビタミンCは、アトピー肌改善にも効果があるの?

今でも、アトピーの発症メカニズムが、全部わかったわけではないです。

でも、皮膚の痒みがあることや炎症を繰り返すことなど特徴があります。

普通は、大人に向かうにつれて改善することが多いです。

でも大人のアトピーも増えています。

アトピー性皮膚炎の痒みや赤みの主な原因は活性酸素や、活性酸素が不飽和脂肪酸と結びついた過酸化脂質だと言われています。

活性酸素とは、呼吸によって体内に入った酸素の一部が変質したものです。

強力な酸化作用を持っています。

本当ならウイルスを攻撃したりと免疫機能の一部として活躍もします。

でも、増えすぎると、健康な細胞まで攻撃してしまうんです。

必要だけど多すぎると自分の体にも悪さをするって、ほんと困ったものです。

この活性酸素で増えた過酸化脂質も細胞を攻撃し肌のバリア機能をダメにしてしまいます。

それで肌に有害な菌やほこりなどが入ってしまいます。

その影響で皮膚がかゆくなったり炎症を起こして赤くなったりするわけです。

アトピーの人の多くが、痒みに耐えられず肌をかきむしりがちです。

するとかきやぶられて肌の状況がさらに悪化します。

アトピーの慢性化へになりなかなか治らなくなるわけです。

そうならないために、まずは、過剰に発生した活性酸素を除去する必要があります。

強い抗酸化力がある成分のひとつとして、ビタミンCがあげられます。

体内にビタミンCが入ると活性酸素による酸化を防いでくれるわけです。

そのうえ過酸化脂質の除去にも役立ちます。

そのうえビタミンCはアトピーの乾燥肌も改善して潤いに向かう効果も期待できます。

あとは色素沈着の黒ずみにも効果を発揮してくれる可能性があるのも魅力です。

また、美肌にはつきものコラーゲン。

ビタミンCは体内のコラーゲンを作る手助けもしていますよ。

シミやシワ、乾燥肌などを改善して美肌に導くためにもビタミンCは必要不可欠です。

つまり、特にアトピーだと、肌の改善のために、ビタミンCを普通の人よりもたくさん摂っていくべきなのです。

ただ、人間はビタミンC自体を体内で作ることはできないんです。

普段から食べ物ややサプリなどを積極的に摂りたいものです。

ただビタミンCは加熱に弱いのが欠点です。

ビタミンCを含んでいる食品も加熱をすることによって失活しやすいです。

だから、ビタミンCを摂るには、生野菜や果物を積極的に食べると効果的です。

赤ピーマン、ブロッコリー、カリフラワー、トマト、、パセリ、ほうれん草サツマイモ、じゃがいもがビタミンCを多く含んでおります。

◆食べ物やサプリだけでなく、気になる部分に直接体の外からも、ビタミンCを補給するとさらにアトピー改善も効果アップです。

そんなアトピー肌にぴったりな新型ビタミンC入りのスキンケアが、ビタブリッドCスキンです。

吸収されやすく特殊加工されている新鮮なビタミンC少しずつ浸透していきます。

手持ちのローションやボディクリームに混ぜても使えるのもメリットです。

昼でも夜でも使えるのも人気です。

ボディ用ビタブリッドC スキンの全成分と特徴
アトピーで悩んだらビタブリッドCスキンを試してみてください。

公式サイト↓


u