アトピスマイルクリームを塗ることでかゆみが減るって本当?

アトピー性皮膚炎でお悩みの方が増えていますね。

アトピー性皮膚炎は根治が難しいと言われている皮膚疾患で、一度発症すると症状が軽い時や症状が出ていない時もあるかもしれません。

しかしそれは治ったというわけではありません。

具体的に例を挙げますと、私の子供はアトピー体質です。

生まれて3カ月くらいの時に初めて発症しました。

小児科のお医者さんは、アトピーとは診断されず、保湿することと清潔にすることなどを指導してくださいました。

一旦は薬で落ち着くものの、翌年の同じ時期になると、また同じ症状が起こります。

それから毎年、秋から春にかけて同じ場所に同じ症状が現れるのです。

7才くらいの時に皮膚科を受診すると、そこで「アトピーだね」と言われました。

それからアトピーの治療が始まったわけですが、子供は成長とともに強くなるから軽くなっていくよ!とも言ってもらえ安心していました。

しかし成長とともに、別の場所にも発症するようになり、かえって悪化しているように思えてきました。

調剤薬局の薬剤師さんと話をする機会があったので、その相談をしてみることにしました。

子供の場合、確かに成長とともに強くなり改善されていくケースが多い反面、小さい頃と比べると行動範囲が広まり行動する時間帯も変化していくのだそうです。

ですから皮膚に対するダメージも大きくなるということを言われました。

確かに、小さい時は夕方早めに帰宅していました。

でも小学生になり大きくなると学校の帰りじたい夕方になり、放課後も外で遊んだり習い事で帰りが夜という生活に変化していきます。

そうなると、冬は冷たい風にもあたりますし、肌にとってはダメージが強いということでした。

それも成長とともに慣れて強くなっていくと言われ、今はその「強くなる」時を待っている状態です。

私の体験談が長くなりました。

なんとか病院の薬ではなく、普段から肌に優しいお手入れをしてアトピーを改善させたいと強く思っている私は、色々探していると「アトピスマイルクリーム」に出会ったのです。

アトピスマイルクリームは、痒みも改善するのか?もし改善するのではあれば、辛いアトピーの痒みから解放されるということですよね。

このことが本当か更に詳しく調べてみると、わかりました。

アトピスマイルクリームには、「ライスパワーエキス№11」という成分が配合されています。

このライスパワー№11は、厚労省も期待している成分となっており、水分保持機能の改善が認められる唯一の成分なのです。

もともと肌内部にセラミドという水分保持を行う成分が存在しています。

このセラミドを増やして水分をより蓄えてくれる働きをライスパワー№11がサポートしてくれます。

水分が増加した肌は、乾燥しなくなり適度な潤いを保てるようになり、痒みが改善されていくのです。

特に冬は乾燥しやすいと思いますが、実は夏場もクーラーなどで乾燥しやすい環境と言えます。

お肌の様子をみながら、お風呂上りなどにアトピスマイルクリームを塗ってお手入れすることで肌を乾燥から守り痒みを発症させないように予防ができますよ。

赤ちゃんから大人の方まで、どなたでも安心して使えるアトピスマイルクリームは、一家に1つあると安心ですね。
アトピスマイルがアトピーに効果がある理由

妊娠中や授乳中の方も使えます。

公式サイトから送料無料でお得に購入できます。

購入を検討されている方、アトピスマイルクリームに興味を持たれた方、ぜひ公式サイトをチェックしてください。

公式サイト↓


rU