脇腹のアトピーがかゆい!黒ずんでカサカサ!どうすれば良い?

寝ている時にも無意識に掻きむしってしまうアトピー性皮膚炎。
特に肘やひざの関節部分や、脇腹などに痒みを発生しやすいと言われています。

掻いてしまうとアトピー症状は悪化しますし、さらに、長い期間症状に悩まされた跡として、良くなっても黒ずみが目立ち、皮膚はカサカサ・ゴワゴワしてしまうことも。

黒ずみとカサつきが気になる肌は、どのように改善すれば良いのか気になりますよね。

そこで今日は、黒ずみが気になるカサつき肌の改善策についてお話ししていきたいと思います。

まず、なぜアトピーを何度も発症している場所は黒ずんでしまうのか。

その理由として挙げられるのは炎症が引き起こされた場所が色素沈着を引き起こしてしまうからです。

本来なら私たちは肌再生がしっかりと行われるため、炎症を起こした場所も時間が経てば元に戻ります。

例えばすりむいて怪我をしてしまった時、出血し、いずれかさぶたとなり、その後皮膚が再生されていきますよね。

これと同じ原理です。

しかし、何度も何度も繰り返し炎症を引き起こしてしまった場所は色素沈着を引き起こしてしまい、さらに肌の再生スピードも急激に遅くなってしまいます。

このような理由から、アトピー跡の黒ずみやかさつきが気になり始めるのです。

少しでもこの黒ずみを改善するためには、肌表面だけではなく肌の内側角質層までしっかりと潤いを与え、皮膚を柔軟にしてあげることが大切です。

ですが、一般的な保湿剤の多くは、角質層まで浸透するように作られていません。
その結果、肌の表面だけ潤っているような感覚を実感できても、内部は乾燥した状態のまま肌状態は一向に改善されていないのです。

そこで肌の内側までしっかりと保湿成分を届けてくれるのが、アトピスマイルクリームです。

アトピスマイルは、厚生労働省も認めている成分ライスパワーナンバー11が配合されています。

報道ステーションでも特集されたことのある実力派商品となっており、皮膚の水分保持機能の改善が確認されています。

発売開始から累計販売本数は40万本を突破していて、アトピー性皮膚炎の改善薬として処方されるステロイドは一切配合されていません。

実際に試した方の88%が改善効果を実感し、もう一度使ってみたいと考えている方がなんと99%を超えました。

アトピスマイルがアトピーに効果がある理由

小さな赤ちゃんからお年寄りの保湿ケアとして使うことができ、黒ずみが気になっている場所にも毎日継続して続けることにより、皮膚の再生能力を高めて改善へと導いてくれます。

そもそもアトピー性皮膚炎で悩まされている方の多くが、皮膚を守るバリア機能が低下しています。

皮膚のバリア機能が低下すると、紫外線やアレルゲンなどの外的刺激が侵入しやすい状態を作り出してしまうんですね。

ですからアトピスマイルクリームを日常的に取り入れながらバリア機能を高め、トラブルに負けない肌を作って不快な毎日から解放されましょう!

公式サイト↓


rU