アトピー肌改善の食事や生活習慣

 

アトピー肌を改善したい人は世の中にたくさんいると思います。

 

基本的には、今の医学でアトピーは完治することができない病気です。

 

そのため、特効薬もなければ、症状を治療する有効な薬がありません。

 

治療法としては、抗アレルギー剤と言われている飲み薬や、ステロイドなどの塗り薬を使用して症状の緩和を試みます。

 

しかし、これは単なる対処療法にすぎないため、症状の根本的な改善には至ることなく、症状は季節や状況に応じて繰り返していくのです。

 

そこで、少しでもアトピーを改善することができる食生活や生活習慣についてご紹介したいと思います。

 

まず、今の日本の欧米化した食生活は、アトピーなどのアレルギー症状を悪化させると言われています。

 

油分・糖分・塩分が多い食事は、体を悪くするだけではなく肌の状態も悪化させることが判明しているので、

ビタミンやミネラルを多く含む野菜類を中心に、タンパク質は大豆類を多く摂取するのが効果的です。

 

そして、アトピー症状の改善に大きく貢献してくれるのが睡眠です。

 

夜の10時から深夜2〜3時にかけて、私たちの体には成長ホルモンと言う物質が分泌されます。

 

成長ホルモンは、就寝中に分泌されますので、規則正しい時間に就寝して朝はきちんと起床するという正しい生活習慣を行うことが肌質を改善させる大きな鍵となります。

 

肌を保湿する。

 

薬を利用する。

 

このような対処療法だけではなく、根本的な肌質を改善する努力をしてみてくださいね。

 

◆なお、アトピー肌の改善に効果があるクリームで一番人気なのが、アトピスマイルクリームです。
ライスパワーエキスNo11が保水しながら強力に保湿してかゆみも軽減する!と人気です。

 

関連記事→アトピスマイルがアトピーに効果がある理由