アトピー肌のムダ毛処理のコツを教えて!

−アトピーの人はどうムダ毛処理をしていけば良い?−

最低限の身だしなみとして行う人も多いムダ毛処理。

あなたもしたことがあるのではないでしょうか?

女性ならば多くの人が行っているであろうムダ毛処理ですが、処理方法を間違えてしまうと肌に大きなダメージを与えることになってしまいます。

その上、アトピーを持っている方はお肌のダメージが顕著に出てしまうような敏感肌なので、さらに細かい注意を払って行わなければならないと思います。

さて、アトピー肌の人はどういった除毛を行えば良いのか?

どのようなやり方が一番肌を傷つけないやり方なのか?

今回は、アトピー肌のムダ毛処理について、お肌のメカニズムに触れながら考えていきます。

−自己処理は気をつけて!−

ムダ毛処理として代表的なものが、カミソリによる処理や、除毛クリームによる処理だと思います。

しかしこの処理方法は、アトピー肌にとってはあまり良くないものです。

アトピー肌は乾燥肌であることが多い為、皮膚のバリア機能が弱まっている状態にあります。

そのため、肌に受けるダメージが健康な肌よりも重症化することも多いです。

まずカミソリでの処理ですが、カミソリは毛と皮膚の表面を削っているため、傷ができてしまい炎症が起きてしまうということがあります。

次に除毛クリームですが、市販の除毛クリームは使用するたびに毛穴にダメージを与えてしまうことに繋がるため、リスクが大きいです。

肌が反応した際の刺激も大きいため、アトピー性皮膚炎ではない、肌が健康的な人でも肌荒れしてしまうなんてこともあります。

−ではどうすればいいの?−

自己処理にリスクは必ず付いて回るものですが、細かな対処をしていけばダメージを軽減することができます。

まず、処理をする際はお肌を温めて行うこと、低刺激のジェルやローションを使って行うなどのことを事前に行えば、ダメージを減らすことができます。

完全にダメージなしで行うことはできませんが、そういった細かい注意をすれば、アトピー肌に優しくムダ毛処理を行うことができます。

−まとめ−

アトピー肌に多い乾燥肌は、バリア機能が弱まっているため、カミソリや除毛クリームによる自己処理ではダメージを受けてしまうことが多いです。

しかしカミソリによる処理の場合、お肌を温めてから行うことや、ジェルやローションを使って行うなどすれば、ダメージを軽減できます。

こういった一手間を加えて、アトピー肌に優しい処理を行いましょう。

最後に、私がおすすめするのは“コントロールジェルme”というムダ毛処理用抑毛ジェルです。

このジェルは、アトピーの肌のバリア機能を担っている皮脂を落としてしまう合成界面活性剤が無添加であるため、アトピー肌のバリア機能を損なうことなく使うことができます。

そのほかにも、コントロールジェルmeは様々なお肌に優しい成分が配合された商品で、少しずつ無駄毛を薄く細くして目立たなかくするのでツルスベに導いてくれます。

保湿ケアにも優れているので他のムダ毛処理後の保湿スキンケアとして使っているうちに自然にムダ毛が薄くなるのも口コミで人気です。

あなたも、是非お使いになってみてはいかがでしょうか?
詳しくは→コントロールジェルme の口コミと抑毛効果

u