アトピー肌のぶつぶつやかゆみをなくすコツ

−アトピーの痒みをなくすには?−

アトピーの痒みってとても辛いですよね?

一度発生すると、掻かないと治まらない痒みに悩まされてる方も多いと思います。

しかし、そこで掻いてしまっては大事なお肌を傷つけてしまいます。

対策として掻かないことが一番良いのですが、あの痒みは到底耐えられるものではありません。

アトピー持ちの私も、あの抑えきれない痒みに悩まされ、お肌がボロボロになってしまった経験があります。

どうにかして、あの痒みを抑えることはできないのか?

今回は、痒みが発生するメカニズムについて詳しく触れながら、痒みを抑えるコツや対策を考えていきましょう。

−痒みの原因、ヒスタミン−

アトピー性皮膚炎は、お肌を掻けば掻くほど痒みが増します。

これは、掻くことでお肌に刺激が伝わり、ヒスタミンの放出を促進するためです。

このヒスタミンの放出を防ぐことができればいいのですが、前述の通りに痒みを我慢しきることは容易なことではありません。

また、アトピー持ちの人の肌は大半が乾燥肌で、お肌の刺激に対するバリア機能が失われているため、刺激が伝わりやすい状態になっています。

そのため、ヒスタミンの影響を受けやすいお肌になっています。

−かゆみをなくすコツはある?−

アトピーの痒みを抑えるコツは、とにかくお肌を刺激物から遠ざけることです。

汗をかいたままにすると雑菌が発生してしまうので、こまめにぬるいお湯のシャワーを浴びて清潔に保つことが、刺激物から遠ざけることに繋がります。

汗をかくことに関連して、紫外線に長時間お肌を曝すことも良くないことなので用心しましょう。

また、清潔するためにお肌を洗うと思いますが、熱いお湯で体を流すことや、頻繁にボディーソープを使うことは控えましょう。

まず熱いお湯ですが、それを浴びることによって体温が上昇したり血行が良くなったりするため、痒みが発生してしまうのです。

次に、ボディーソープに含まれていることが多い合成界面活性剤は、皮膚のバリア機能としての皮脂まで洗い流してしまうので、アトピーの人のお肌の乾燥を促してしまうことがあるため、頻繁に使用することは控えましょう。

このように、適切なやり方でお肌をキレイに保つことが大切です。

−まとめ−

アトピーの原因となっているヒスタミンは、様々な要因で発生します。

そこで最重要なのが、お肌を清潔に保つことです。
押さえるべきポイントをしっかり理解して、お肌を清潔にしましょう!

最後に、私があなたにオススメしたい商品は“アトピスマイルクリーム”です。

このクリームには、アトピー肌の乾燥を補修するヒアルロン酸が配合されているほか、アトピーの方が依存してしまいがちなステロイドを配合していないため、安全に長くお使いいただける商品です。

あなたも、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?
アトピスマイルがアトピーに効果がある理由

u