アトピーで口周りニキビができやすい!対策を教えて!

アトピー性皮膚炎の方が悩まれることでニキビができやすいということがあります。

また、そのニキビは口周辺にできることが多く目立ってしまいますし悩まれる方が多くいらっしゃいます。

実際にアトピー性皮膚炎の方はニキビができやすいという事実があり、特に乾燥した時にニキビを発症する可能性が上がってしまいます。

そこで、今回はどうしてアトピー性皮膚炎だとニキビができやすいのか、そしてどうすれば良いのかをご紹介していきます。

—アトピー性皮膚炎とニキビ—

アトピー性皮膚炎の方は皮膚のバリア機能が低下しており、外部からの刺激に弱く少しの刺激に対しても傷ができやすい状態になっています。

そして、肌自体の保湿能力も著しく低下しており肌が極度の乾燥状態になります。

その乾燥状態を補おうとして、皮膚から必要以上の皮脂が分泌され結果的にニキビの原因となってしまうのです。

さらに、ニキビとなって炎症するさいもアトピー性皮膚炎を持っている方の場合腫れが大きくなったり、赤みが際立ったりするなど悪化するケースが多いのです。

—アトピー性皮膚炎の方によるニキビのための対策—

アトピー性皮膚炎の方だからといって特別違うことをする必要もありません。

実際には、通常通り肌の保湿をしっかり行うところから対策すれば良いのです。

しかし、口の周りにできやすいニキビに対しては少々厄介なため手こずってしまいます。

そこで重要なのが栄養の摂取です。

先ほども書いたようにアトピー性皮膚炎の方は、肌の機能が著しく低下してしまっています。

これらを改善するためには根本的に皮膚の改善を行う必要があり、そのためには栄養をしっかりと摂ることが重要です。

ビタミンC、特にコラーゲン、たんぱく質、などを中心に摂取していきましょう。

サプリメントなどで確実に摂取できるようにしておけば安心です。

中長期戦になるかもしれませんが、何よりも根本的な解決をすることこそが厄介なニキビを抑える秘訣です。

もちろん、栄養を摂取したからと言って日常のケアをさぼっていいわけではありません。

洗顔を丁寧に行い、何よりも洗顔後の保湿を徹底して行いましょう。

—まとめ—

アトピー性皮膚炎の場合肌の乾燥が最大の敵にして最低限攻略するもの。

とにかく体質改善をしっかりと行うことで、ニキビに悩まされない肌を目指すことができます。

あまりにひどい場合は一度皮膚科医に相談されることをお勧めいたします。

◆皮膚科に行くほどでもないけど、どうにかしたいと悩むときは、メルラインを塗ってみてください。

保湿しながらニキビの炎症をケアして綺麗な肌に導きます。

あごやフェイスライン専用のニキビケアができるオールインワンジェルがメルラインです。

無添加処方なのでアトピーなど敏感肌やトラブル肌でも安心して使えると人気です。

わたしもアトピーで大人ニキビができやすいんですがメルラインは、大丈夫でした。

すっきりして潤って・・お肌にハリも出て気に入っています。

口周りだけでなく鼻やおでこや頬、首、デコルテなど身体中のニキビケアにも使えて助かるニキビケアアイテムがメルラインです。

メルラインの口コミと効果!あごニキビとニキビ痕がキレイに!

u